末期がんでも可能性がある|痛風などの身体の病気は専門のクリニックでパパっと治療を受ける

痛風などの身体の病気は専門のクリニックでパパっと治療を受ける

医者

末期がんでも可能性がある

病院

自己の免疫力で治す

人間の体内にはいくつもの免疫細胞が存在します。例えば、細菌感染時に活躍する好中球や抗体を産生するBリンパ球、そして、がん細胞と闘う時にはTリンパ球を始めとして、樹状細胞やナチュラルキラー細胞、そしてマクロファージ等の免疫細胞が互いに協力し合って組織的に働くようになっているのです。この中にも出てくるナチュラルキラー細胞とは、略してNK細胞と呼ばれ、がん細胞を退治してくれる重要な免疫細胞の1つなのです。そして、がん患者から取り出したNK細胞を用いて行うNK細胞療法とは、要するに自己の免疫力で治すがんの治療法なのです。NK細胞療法を行うことでがんを完治させることが期待でき、末期がんでも可能性があるのです。

どのように行うのか

NK細胞療法はどのように行うのかと言うと、がん患者本人のNK細胞を選択的に採取して研究室内で大量に培養します。その後培養したNK細胞を活性化して、再びがん患者の体内に戻し、NK細胞によってがん細胞を退治してもらうのです。NK細胞療法のメリットは、今まで実施されてきた手術や抗がん剤治療等のがん治療に比べ副作用がほとんどなく、ミクロレベルでがん細胞を退治できる可能性があるところです。さらに、入院の必要がなく在宅で治療できるところも大きな魅力となっているのです。ただし、NK細胞療法を実施している医療機関はまだあまり多くありませんから、どこの医療機関で治療するのかインターネット等を使い十分に検討してから行う必要があります。